読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子持ち主婦的☆財布のヒモ

生活費をあずかる主婦の財布の紐は固い、でもたまにはいいもの買いたい! おすすめネット通販について調べて比較してまとめて、失敗しないようにするためのブログです♪

レールにのった人生がなんだって?

日記

なんかはてなブログ界隈が

人生のレールがどうたらという話題でもちきりですね。

 

発端のブログも拝読してきましたけど

コメントもいろいろでつい読んでしまった。

脱線事故現場とか言ってる人もいてちょっと笑ってしまいましたが^^;

 

親が敷いたレールに乗った人生はいやだとな?

まーわからんでもない。

若い頃ってけっこうみんなそういうこと思うものですよね。

 

しかし自分が親になって思うのは

レール敷くのだって一筋縄じゃいかないんだよ!

ということ・・・

 

親の思った通りになんて行動しないし

良かれと思ったことなどことごとく反抗してくるし

5歳児ですらそう思うんですよ。

 

親の敷いたレール通りの人生歩む人のほうが超少数派じゃない?

 

これってなんというか、

実際に親がお膳立てした道を歩んでいるかどうかということより

・「自分で決定した」という意識があるかないか

・「○○させられた」っていう被害的意識の有無

によるところが大きいんじゃないかと。

 

つまり、自分の人生結局自分でなんとかしなきゃいけない!

っていう覚悟がヌルいところが根本的な原因じゃないかと。

 

何か問題がおきたとに、

なんでも環境や人のせいにする人っていますよね。

「自分は何も悪くない」がベースの人。

それはそれである意味幸せじゃないのかなって思うんですが

 

それこそレールの上行ってるときには

ぶうぶう文句言っていればいいだけだけど

外れてしまったら、いくら文句言ったって

自分がどうにかしなきゃ何も解決しなくなってしまうわけで

それに耐えられるような人って

そもそも誰かのせいで自分は〜なんてヌルいこと言わない気がします。

 

件の彼の場合、どういう結果になるかはまだわかりませんが

どこかで成功して

今回の燃え上がった件を

冷静に振り返り分析してくれたらいいなーとか思ってます。

 

いまのヌルい意識から

起業家のストイックな意識に変革は起こるのか!?

っていう感じですね。

 

このまま挫折した消えちゃったらただの炎上物件ですけど

成功したらなかなかのモンだと思うので

ぜひ、草生やしてる人たちに見せつけてください。